こんばんは 😛

 

今日は、「相続」という言葉の意味についてお話をしたいと思います。

 

相続とは、

 

「人の財産などの様々な権利・義務を他の人が包括的に承継すること」です。

 

残された遺族などが財産を受け継ぐというのは皆さんご存知ですよね 🙂

 

 

しかし、この「相続」という言葉、、元々は仏教で使われていた言葉らしいです。

 

元々の意味は、

 

「受け渡す人の財産や意思の全てが、後世まで確実に受け継がれ続けること」だそうです。

 

何も変わらないじゃん、、と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

後者は、「亡くなった方の意思」も受け継がれるとされています。

 

財産などを受け継ぐ側(相続人)が自分の権利を主張する今の時代…

 

亡くなった方の意思まで受け継がせる、つまり本来の「相続」を実現させるためには、遺言書やエンディングノートなどを有効に使い、自分自身の意思を次の世代に発信することが必要なのかもしれませんね。。

 

それではまた(^-^)/