こんばんは 😛

 

お客様から実際にいただいた質問をご紹介いたします 🙂

 

「後見人と身元保証(引受)人はどう違うのですか?」

 

まずはどのような人のサポートをするかですが、基本的には・・・

①後見人は、判断能力が衰えた方のサポートをします

②身元保証(引受)人は、判断(契約)能力がある方のサポートをします

 

そして業務内容の違いですが、基本的には・・・

①後見人の業務内容は、法律によって定められています

代表的なお仕事としては、財産の管理や手続きの代理等が挙げられます。

②身元保証(引受)人の業務内容は、入所する施設(もしくは病院)が定めます

代表的なお仕事としては、病院の付添いや緊急時もしくは死亡時の対応等です。

 

重複している業務もあるので分かりづらいかもしれませんが・・・

 

認知症等で、お金の管理や各種手続きが難しいという方は後見人を、

 

施設に入りたいけど、身元保証(引受)人がいなくて入所ができない方は

身元保証(引受)サービスを利用されるのが良いかと思います 🙂

 

それぞれの業務についての詳細は、また説明させていただきます :mrgreen:

 

それではまた(^-^)/