こんばんは 😛 

 

先日、遺言執行者として金融機関での手続きを何件か行いましたが・・・

 

やはり遺言による相続手続きは楽ですね~ 😀 

 

遺言が無い場合の手続きは、相続人全員による遺産分割協議が必要となるため、

 

手続きに手間がかかる(半年以上かかるケースも)

財産分けで揉める可能性がある

 

といったデメリットがあります。

 

ですが、遺言(特に執行者が定めてある場合)による相続手続きの場合は、

相続人の協力が不要のため揉めるケースはほとんど無く、手続きもさほど

時間がかかりません 😉 

 

私的には・・・

 

家族円満で、揉める可能性が100%無かったとしても、、

 

遺言は作成しておくべきと思います 🙂 

 

ただ、、

 

お客様にこれを理解してもらうのがなかなか難しいんですよね 😥 

 

我々があまり一生懸命説明しても・・・

 

「営業でしょ」

 

と思われるのも嫌ですし(笑)

 

相続税や登録免許税の優遇など、金銭的なメリットを法律で作らないと

なかなか浸透していかないかもしれませんね。。 :mrgreen: 

 

それではまた(^^)/